loading...

旅行ガイド・ご当地本のいいとこどり 電子書籍サービス

  • トップ
  • 江戸楽 2016年10月号(No.90)
江戸楽 2016年10月号(No.90)

江戸楽 2016年10月号(No.90)

  • 540円(税込) 本体価格:500円
  • 付与ポイント5pt
  • カートに入れる
  • 「試し読み」や「内容紹介」からタイトルの内容をご確認のうえ、ご購入ください。

内容紹介

江戸を知れば東京はもっと楽しい。東京を愛する人へ贈る生活創造マガジン。 オフィスビルからあふれ出してきたサラリーマン達が、思い思いの方向へ歩いていく。ふと目をやれば、人気の飲食店や弁当屋には行列ができている。東京の町で日々繰り返される、ランチタイムの光景だ。今や一日3食が当たり前となった私たちだが、江戸時代初期まで昼食の習慣は定着していなかったという。味付けの嗜好も塩・味噌の塩辛い味から、砂糖・醤油の甘辛い味へ。江戸時代も後期になると、屋台から料理屋・料亭まで、食事の選択肢も増え、人々は食の楽しみを謳歌するようになる。獣肉を堂々と食べられるようになった明治時代には、すき焼きや牛丼が生まれ、大正時代にはコロッケ、カレーライスなど、モダンな洋食が愛された。そして現在、数多の飲食店が鎬を削る東京は、 "ランチ天国" といった様相である。本特集では、『江戸楽』編集部がおすすめする老舗・名店のランチメニューを紹介する。食欲の秋、あなたに素敵なお店との出会いがありますように。※この電子書籍は2016年9月にエー・アール・ティから発行された図書をもとに作成したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります。

タイトル掲載誌/抜粋タイトル

RECOMMENDこんなタイトルもおすすめです

  • トップ
  • 江戸楽 2016年10月号(No.90)
ページトップへ戻る