loading...
日本の鉄道遺産

日本の鉄道遺産

  • 1,300円(税込) 本体価格:1,204円
  • 付与ポイント12pt
  • カートに入れる
  • 「試し読み」や「内容紹介」からタイトルの内容をご確認のうえ、ご購入ください。

内容紹介

明治以来の車両・設備・道具、あるいはシステムとしての鉄道自体で、現在でも使われている、あるいは大切に残されているものが「鉄道遺産」。近年、産業遺産や世界遺産などとの関連性もあり、鉄道遺産の保存や活用にも注目が集まっている。真に価値があり魅力的な鉄道遺産をリストアップ、鉄道遺産を追い続ける2人の著者の写真を主体に、ルポ、博物館、カテゴリ別の各章と資料とで紹介する。
≪目 次≫━━━━━━━━━━━━━━━━
第1章-鉄道遺産を体感する旅 1 伝統あるS L 列車を定期運行する大井川鐵道 2 走る鉄道遺産寝台特急日本海
◆ コラム 寝台特急「日本海」号乗務の思い出 3 歴史を重ねた鉄道遺産の宝庫、肥薩線 ◆ コラム 駅の意匠に残る職人の心意気
第2章-博物館でお宝拝見 1 スピードへの挑戦がテーマ 「リニア・鉄道館」で 鉄道遺産 新幹線車両を細見 2 日本最大規模の鉄道ミュージアム20世紀を駆けた思い出の車両たちに出会う鉄道博物館
第3章-これぞ鉄道遺産 1 鉄道の歴史をものがたる「車両」たち 2 見慣れた「車内設備」に見どころあり 3 風雪に耐えてたたずむ「橋梁」 4 最先端の鉄道土木遺産「トンネル」 5 鉄路の旅が始まる場所「駅」 6 安全・快適な旅を提供する「駅施設」 7 円滑な運転に欠かせない「鉄道設備」 8 蒸気機関車を収納させる「扇形車庫」 9 山越えを克服した先人の知恵「勾配線区」 ◆ コラム 失われた国鉄最急勾配”碓氷峠” 10 旅人の心を豊かにするさまざまな「食」 ◆ コラム 食堂車に勤務していた頃
第4章-資料篇 あとがき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
※この電子書籍は2012年3月にJTBパブリッシングから発行された図書をもとに作成したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります。

RECOMMENDこんなタイトルもおすすめです

ページトップへ戻る