loading...
JR奥津軽いまべつ駅・JR新青森駅周辺エリアガイド【るるぶ北海道新幹線で行こう!】#004

JR奥津軽いまべつ駅・JR新青森駅周辺エリアガイド【るるぶ北海道新幹線で行こう!】#004

  • 216円(税込) 本体価格:200円
  • 付与ポイント2pt
  • カートに入れる
  • 「試し読み」や「内容紹介」からタイトルの内容をご確認のうえ、ご購入ください。

内容紹介

下北半島…本州の最北端に斧のように突き出した下北半島。尻屋崎や仏ヶ浦など海岸沿いに絶景スポットが点在するほか、内陸部には日本三大霊場の一つ・霊場恐山がある。大間崎では、絶品のマグロ料理を味わいたい。/五所川原…地域によって呼び名が異なる「ねぶた祭り」は、五所川原では「ねぷた」と呼ばれる。最大高約23mものねぷたが市街地を練り歩く「五所川原立佞武多」は必見。たい焼きを揚げた「あげたい」も試してみよう。/奥入瀬・十和田…新緑や紅葉の名所として知られる奥入瀬渓流や十和田湖は、東北屈指の景勝地。奥入瀬渓流には遊歩道があるので、渓流沿いを散策するのがおすすめ。宿泊は酸ヶ湯温泉や蔦温泉など、名湯揃いの八甲田山麓の宿で。/津軽半島…青函トンネルで北海道と結ばれている津軽半島には、北海道新幹線開業で「奥津軽いまべつ駅」が誕生。十三湖や龍飛崎などビュースポットが満載のエリア。シジミを使った料理にも注目だ/金木…小説『走れメロス』などを生んだ文豪・太宰治の生誕の地として知られ、生家「斜陽館」をはじめ、多くのゆかりの地が今も残る。ファンならずとも一度は訪れてみたいレトロな街並みが魅力だ。/弘前…市内に洋館や教会、レトロな喫茶店が多く残り、散策が楽しい街。フレンチやアップルパイなどのグルメも評判だ。桜の名所で有名な弘前公園や100年ぶりの石垣修理中の弘前城など、注目のスポットが目白押し!/青森…夏の青森ねぶた祭で知られる。奈良美智ら青森出身の作家の作品を展示する青森県立美術館や、日本最大級の縄文集落跡・三内丸山遺跡はマストスポット。好きな具材をのせて楽しむ「のっけ丼」や津軽ラーメンもチェック!※この電子書籍は2016年3月にJTBパブリッシングから発行された図書をもとに作成したものです。電子書籍化にあたり、一部誌面内容を変更している場合があります。

タイトル掲載誌/抜粋タイトル

るるぶ北海道新幹線で行こう!るるぶ北海道新幹線で行こう!

一冊北海道函館・大沼・江差・松前青森県青森・東津軽奥入瀬・十和田湖・八甲田五所川原・北津軽・西津軽弘前・黒石・白神山地下北半島

720 円(税込)

 

RECOMMENDこんなタイトルもおすすめです

ページトップへ戻る